仮想通貨で稼ぐ方法を分かりやすく教えてほしい!仮想通貨を解説

仮想通貨で稼ぎたいけど、どんな方法で稼ぐのか分かりやすく教えてほしい。

仮想通貨で稼ぐのであれば、仮想通貨がどんな仕組みの通貨なのか、どんな方法で稼ぐのか方法を知りたいですよね。なので、仮想通貨で稼ぐ方法を実際の経験から信頼性ある情報を元にまとめました。

この記事から分かること
  • 仮想通貨で稼ぐ方法と仕組み
  • 仮想通貨全般の仕組み
  • 専門用語
  • 仮想通貨の危険性はあるのか?将来性は?

仮想通貨で稼ぐ方法なら知りたい情報をまとめました。

目次

仮想通貨で稼ぐ方法は「値上がり」で稼ぐ

仮想通貨で稼ぐ方法はすごいシンプル。それは買った仮想通貨の値上がりで稼ぎます。

例えばビットコインはこのチャートのように上がり下がりを繰り返しています。ビットコインで儲ける為には、下がっている時に買って、値上がりをすれば儲かる、という仕組みです。

仮想通貨の利益が出るタイミングは上がった時

仮想通貨の中には1コイン、10円や20円で買える仮想通貨もあります。仮想通貨を安く買えるということは値上がりした時の利益がものすごく大きいということ。

仮想通貨で利益が出ると取引所でこのようなグラフで見れます。
このように利益がでることが分かります。

安く買える仮想通貨を買ったり、将来性が見えるビットコインやイーサリアムに投資をして固く投資をしていく、といった方法が仮想通貨で稼ぐ方法です。

仮想通貨で稼ぐ方法は投資の方法がメイン。ですが、投資の方法も細かく分けることができます。こちらの記事で詳しい仮想通貨の投資の種類についてまとめました。

参考 仮想通貨初心者の儲け方はコツコツ稼ぐ!理由と稼ぐ方法を全部公開(別記事へ)

仮想通貨を買う方法は「取引所」で買う

仮想通貨で儲けるには、仮想通貨を買うことが第一条件。

では、どこから買うのかというと、暗号通貨取引所から買うことができます。

日本にある暗号通貨取引所の一例

このような取引所を通して仮想通貨を買うことができます。

取引所とは仮想通貨の銀行のような場所

取引所とはどんな場所なのかというと、日本でいゆ銀行のような場所です。

銀行は、銀行間で振込ができたり、日本円でドルや人民元などの外貨が買えたり、投資ができたりしますよね。

取引所でも、様々な仮想通貨が買えたり、取引所間を通して相手に振り込み、仮想通貨を買い増しをして追加投資ができます。

いわば、仮想通貨の銀行のような役割をしてくれるのが取引所です。

ビットコインと仮想通貨は違うの?

ビットコインは仮想通貨の中の一つのコイン

仮想通貨で代表的なのがビットコイン。

2008年にサトシ・ナカモトという人物がビットコインを作成して、仮想通貨という考えが世の中に広まりました。

ビットコインが仮想通貨で一番始めに出たことで、仮想通貨とビットコインは違うものを思われています。

ですが、ビットコインは仮想通貨の中の1つ。

仮想通貨の種類
  • Bitcoin
  • Litecoin
  • Namecoin
  • Swiftcoin
  • Bytecoin
  • Ethereum

など多数 

参考 暗号通貨の一覧ーWikipedia

仮想通貨の中にビットコインや、イーサリアム、ドージコインなど、沢山の暗号通貨をひとくくりに仮想通貨と言われています。

仮想通貨はいろんな人が発行をしている

すべての仮想通貨をサトシ・ナカモトが開発している訳ではありません。

仮想通貨によって開発している人、団体は違います。

仮想通貨の名前開発者
ビットコインサトシ・ナカモト
イーサリアムVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)
ネムUtopianFuture(匿名の団体)
ライトコインチャーリー・リー
リップルRyan Fugger

団体が開発したり、個人が開発をしたりしています。

そして、各仮想通貨を開発した背景、技術などから仮想通貨投資家や企業が支援をすることで値上がりしたりするんです。

仮想通貨でよく聞く専門用語

世界から見て仮想通貨はどんな位置

各国の国旗

仮想通貨は先進国と発展途上国によって位置が違っています。

先進国は手探り

先進国の仮想通貨に対する動きを見るとマイナス的な動きが多いのが分かります。

なぜなら、仮想通貨は中央銀行がないことから流通の管理ができない、各国で通貨の管理ができないことが関係しているからです。

各国は中央銀行(日本だと日本銀行)が紙幣の発行や管理、政策金利など国の金融関係を決めています。ですが、仮想通貨は中央銀行がないので発行や管理ができません。なので、仮想通貨が出始めた時は仮想通貨を危ないものという印象を与えるニュースが多かったです。

ですが、多くの資産家が仮想通貨を所有、お金の流通が仮想通貨に流れることで各国も仮想通貨は無視できない存在になっていきました。

先進国(アメリカ、中国、日本)では仮想通貨に対してプラスな動きをしようとしている気配もあります。ですが、日本の場合は仮想通貨に関する税金が最高で55%、アメリカではビットコインETFが否決、中国ではビットコインの取り扱いを禁止するなど無視できない政策があるのも事実です。

片や、アメリカのニューヨーク市長が初の給与の一部をビットコインで受け取るなどの動きもあります。

Web3.0が進んでいる今、新しい技術の仮想通貨と各国の通貨と、どのようにバランスを取っていくのか模索していることが分かります。

発展途上国は積極的に取り入れている

発展途上国は積極的にビットコインを通過として取り入れています。

プラスな動いをしているんですね。

仮想通貨へのプラスな動き
  • 2021年6月8日 – エルサルバドルが法定通貨としてビットコインを承認
  • 2022年4月27日 – 中央アフリカ共和国の大統領府が法定通貨としてビットコインを承認したと発表

注目したのがエルサルバドルが32か国の中央銀行と12か国の金融当局とともにビットコインに関する国際会議をしたこと。

世界はアメリカドルが基準になっていることへの反発という意見もありますが、エルサルバドルに加えて32か国がビットコインに関する会議に参加することは仮想通貨や基軸通貨に対する新しい動きなのでは、とビットコインを始め仮想通貨全体の未来を見えるのではないでしょうか。

「投資」 仮想通貨のメリット、デメリット

仮想通貨に対する世界の動きを見ると、仮想通貨の投資のメリットとデメリットも見えてきます。

メリットデメリット
新しい技術だから新規参入者でも利益を上げやすい
大きく儲かる可能性がある
将来性が不透明
税金面が不透明

仮想通貨は新しい技術なので、投資が始めてな方でも参入しやすい、これから仮想通貨投資を始める人と同じスタート地点に立てるメリットがあります。また、チャートの上下が激しいので大きく上がった時に膨大な利益を上げることも夢ではありません。

比べて、デメリットとしてあるのが、各国が本格的に仮想通貨への締め付けをしだしたら投資的なメリットがなくなってしまいます。実際に中国はビットコインに対して締め付けを行っているのが分かりやすい例です。そして、新しい技術なので、各国の税金面の施策が不十分な点も不安要素の一つ。

ビットコインが発行された当初だと日本は仮想通貨に対して積極的だったのですが、国税庁が仮想通貨に対して税金を最高55%の税収としたことで仮想通貨関連の技術が一気に海外に流れた例もあります。

新しい技術が出る分、技術に国の制度が付いていっていない不安要素はぬぐえません。

ビットコインが危険性というより仮想通貨別に将来を見るのが正しい

ビットコインが危険という声も見ます。私はビットコインに対して危険性という点は見受けられません。

危険と言っている方の声を見ると、仮想通貨やビットコインを買う時に多額の借金をして投資をしたが、ビットコインが下落したことで投資に失敗した方がビットコインはキケンと言っているように思えます。

たしかに、借金をして仮想通貨へ投資をするのはキケンです。しかし、仮想通貨だけでなく借金をして株や投資信託などの投資を始めるのも危険なので、仮想通貨だけが怪しいという訳ではありません。

ビットコインの危険性より、仮想通貨全体の動きや将来性を見ることが、仮想通貨投資を成功させる秘訣だと考えます。

仮想通貨関連の技術に期待できるからこそ、イーサリアムにトヨタや三菱東京UFJ銀行などがイーサリアム連合に加盟しているのが良い証拠なのではないでしょうか。

個別の通貨をみて稼げる未来を見るのが仮想通貨で稼ぐコツ

仮想通貨で稼ぐカンタンな方法は値上がりで稼ぐ方法。

値上がりには各国の規制や、新しい技術なので変わってきます。新しい技術に対して不安は付き物ですが、新しい技術だからこそ投資して利益を上げるのに適しているのではないでしょうか。

bitFlyerでは1円から投資できるので、仮想通貨で利益を出す方法が分かったから買ってみたいという方は今が始めるチャンスです。

仮想通貨で稼ぐ方法を分かりやすく解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

あとで読み返す時のメモにどうぞ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログで生活8年目|ちょっとした時間に稼げるコツを紹介|ブログで稼ぐ方法を発信|片手間で出来る副業から良かった副業をまとめています|好きなことを好きな時に|

コメント

コメントする

目次